主なカードローンの審査の基準について

by , under カードローン

カードローンの審査の基準で共通しているのは、継続的な安定した年収があることです。当たり前のことではありますが、基本的に年収が多い人ほど有利となり、逆に年収が200万以下で、あまり少ないということになると、カードローンの審査としてはとても厳しいといえます。


<なぜ安定した収入があったほうがいいのか?>

なぜならば、返済能力があるかないかを、推し量るためとても大切なことになるからです。カードローンの申し込みの際に、収入証明を提出しなければならないので、その提出したものを基準にしているようです。


<居住年数や仕事での在籍確認>

それ以外では、今現在住んでいるところの居住年数や、賃貸か持ち家かということもカードローンの審査基準としても重要であり、居住年数が長いともちろん有利ですし、持ち家であることというのも、カードローンの審査の基準としては有利です。それと、働いている職場での在籍確認が取れることや、勤続年数が長いほどとても有利ですし、転職ばかりしていて職場を転々とししていては印象がよくありません。そのようなことを考えると、あまりにも勤続年数が短すぎるのはとても難しいかもしれませんので、少なくとも半年以上はあったほうがいいかもしれません。