カードローンの返済で利息負担を減らすには?

by , under カードローン

カードローンの返済で利息の負担が減る方法があります。その前に、利息の計算方法や実質年率のことを知ると、更にわかりやすくなると思いますのでご紹介します。実質年率とは利息のことで、年間に支払う利息、手数料などがどの程度かという表示です。


カードローンの実質年率は義務づけられた表示

実質年率とは手数料などを含めて、一年間に支払う元本以外のお金の総額が何パーセント程度になるかというものです。闇金融などの場合、利息などは法定金利を守りながら、手数料など様々な名目でお金を取ってしまうことがあったため、貸金を行う場合は、年間にかかる元本以外のお金が、元本の何パーセントかを表示する義務ができたのです。利息は残高スライド式リボルビング返済というもので、まだ返済していないお金を元本に計算します。


最初の利息負担が大きくなることに

元本を、まだ返済が終わらないお金としていることから、返済の最初の時期はなかなか利息の負担が大きくなってしまいます。そのためなるべく多くのお金を一度の支払うことで、利息と元本を多く削る、という形で利息の負担を減らすことが可能です。返済の負担としては大きいかもしれませんが、少ない回数で、できるだけ多い金額を返済することが理想的なプランです。