カードローンの賢い使い方

by , under カードローン

カードローンを賢く利用するためには、金利のことについて詳しくなる必要があります。いま一つ理解が進んでいない人でも、金利の仕組みをスッキリ解説します。


カードローンの金利の計算方法

カードローン会社が利益を生んでいるのは、利用者に貸し付けたお金に利息を乗せて返済してもらっているからです。この利息は、契約時に決められる○○%といった割合に応じて、融資をしたその日から発生する手数料のようなものです。しかし、いきなり何万円もの利息が、融資を受けた時に発生するわけではありません。実は、金利として表示された割合分の利息が発生するのは、融資を受けてから1年後のことなのです。つまり、利息は金利として計算された金額を365日で割った金額が1日ごとに加算されていくという計算になります。


上手な利用は短期利用

例えば、10%の金利で10万円の融資を受け1年後に返済をしたとすると、1万円の利息を支払わなければなりません。では、融資を受けてから1日後に返済したとすると利息はいくらになるのでしょうか?計算してみると、10万円×10%÷365日=27.4円なので、なんとわずか27円しか利息が発生しません。このことから、「1週間後の給料日に返済をする」という風に短期利用をすれば、ほとんど負担にならない利息で融資を受けることが出来るということになります。