カードローンの担保とは何か

by , under カードローン

カードローンの借り入れを希望すると時に、よく「担保」という言葉を耳にします。担保が必要か、必要でないかはその金融機関次第です。では、一体「担保」とはどのようなものなのでしょうか。ここで担保について簡単に解説をしましょう。

カードローンの担保の種類

カードローンの担保には、「人」と「モノ」に分かれます。人を担保にする場合、決して人身売買ではありません。保証人という事です。もしも借り入れをした本人が返済を出来なくなってしまった場合、そのような時に保証人となった人が代わりに返済を行わなくてはならないという取り決めです。少し話はそれますが、借金の保証人には決してならないことをお勧めします。どんなに信用のできる人であっても、自分が借金を背負わなくてはならない可能性があるのであればそれは絶対に回避しなくてはなりません。話を戻して、担保の二種類目です。「モノ」とは、たとえば、一般的なもので言うと「住居」です。万が一返済が不可能になった場合、その物件を売り払ってもらう事で、責任をとってもらうという事です。

担保不要の会社を使う

このように、担保が人であってもモノであっても、用意するのは大変なことです。ですので、今では担保不要の会社が増えてきていますので、是非そのような会社を利用することをお勧めします。