カードローンの審査で見られるポイント

by , under カードローン

カードローンを利用するには、たいていの場合審査に通過しなければなりません。
そこではどんなところを見られているのでしょうか?


カードローンを利用させて良い人物かどうかを確かめられている

審査で聞かれるのは、年齢や住所などの個人情報のほかに、勤続状況や過去の借り入れ履歴、現在のキャッシング件数などです。
特に履歴や件数が重要視されていて、そこが借り入れの可否を左右すると言われているので要チェックです。
過去に債務整理などを起こした人は5~7年の間お金を借りることができないと言われていますし、件数が4件以上の人は通過しにくいといわれています。
事故情報を持っている人は時期を見定め、件数を抱えすぎている人はある程度減らしてから新規のカードローンの申し込みを行いましょう。


個々人の属性もカードローンの審査の対象になる

また、持ち家の有無や家族構成などの属性もある程度基準になっているようです。
迷惑をかける相手が周りにいないか、返済ができなくなったらすぐに引越ししてしまう環境にいるかいないかなどを見られているという話もあります。
個人ではどうにもできないようなことも審査の判断基準になるようですが、基本的には安定した収入があって信用情報に傷がついていなければ大丈夫でしょう。
カードローン会社の人から信頼されるような人物になれるのがベストですね。