カードローンのお申し込みには

by

銀行のカードローンであっても、必ずしもその銀行に口座を持っている必要はありません。審査は住宅ローンなどに比べ比較的緩やかで、信用力や資産、過去の借り入れ履歴などにより、借り入れ限度額や金利が決まっていきます。


カードローンのお申込みに必要な物

カードローンの申し込みは、20歳以上65歳以下の方が可能となっています。従ってまず本人を確認できる書類が必要となります。運転免許証、健康保険証、住民基本台帳の写し及びパスポートなどからどれか一つは用意してください。また、安定した収入のあることが条件となるため、借入金額が高額となる場合は収入証明書も必要となります。ノンバンク系のカードローンの場合は50万円以上から、銀行のカードローンの場合も100~300万円以上の借り入れには収入証明書の提出を求められます。


カードローンの申し込み方法

インターネットバンキングで口座を持っていてすでに活用している方なら、PCやスマートフォンからの申し込みもスムーズに済みます。電話や郵便、店頭でのお申込み、銀行などでもATMやキャッシュディスペンサーとともに設置されていることが多くなったローン契約機での申し込みも可能です。インターネットやローン契約機の普及により、カードローンは即日審査ばかりではなく、その日のうちに指定の口座に振り込まれる即日融資も可能になって来ています。

【関連参照サイト】
消費者金融人気ランキング()
カードローンのサービスは銀行系と消費者金融系とに大別されますが、両サービスに大きな違いはありません。こちらのサイトでは、消費者金融系のカードローン・キャッシングサービスが紹介されています。

主なカードローンの審査の基準について

by

カードローンの審査の基準で共通しているのは、継続的な安定した年収があることです。当たり前のことではありますが、基本的に年収が多い人ほど有利となり、逆に年収が200万以下で、あまり少ないということになると、カードローンの審査としてはとても厳しいといえます。


<なぜ安定した収入があったほうがいいのか?>

なぜならば、返済能力があるかないかを、推し量るためとても大切なことになるからです。カードローンの申し込みの際に、収入証明を提出しなければならないので、その提出したものを基準にしているようです。


<居住年数や仕事での在籍確認>

それ以外では、今現在住んでいるところの居住年数や、賃貸か持ち家かということもカードローンの審査基準としても重要であり、居住年数が長いともちろん有利ですし、持ち家であることというのも、カードローンの審査の基準としては有利です。それと、働いている職場での在籍確認が取れることや、勤続年数が長いほどとても有利ですし、転職ばかりしていて職場を転々とししていては印象がよくありません。そのようなことを考えると、あまりにも勤続年数が短すぎるのはとても難しいかもしれませんので、少なくとも半年以上はあったほうがいいかもしれません。

カードローン審査で利用する個人情報を知ろう

by

カードローンを利用するために必要なものが審査です。この審査では、本人確認書類などの提出義務があるのですが、ほかにも開示に同意しなくてはならない書類などもあります。審査でカードローン会社がチェックする個人情報を知っておきましょう。


カードローンで利用できる本人確認書類

カードローン審査に必要な本人確認書類は、一般的に免許証や保険証が多いそうですが、中でも免許証の場合にはスピードキャッシングなどでは免許証番号を送信するだけでいいなど、審査では手のかかりにくい本人確認書類という声もあります。他に一部の即日審査では保険証を利用することで審査スピードを短くするというところもあるそうです。他にパスポートなども利用できます。


信用情報開示に同意する必要がある

他に、情報開示に同意する必要があります。この情報は信用情報と呼ばれるもので、過去にお金を借りたことがある場合に、審査の結果や、どのくらいのお金を借りて、どのように返済したのか、返済で遅延などがなかったかどうかなどを、第三者が知ることのできるものです。ただし、この情報は大切な個人情報なので、誰でも簡単に見ることはできませんし、同意しない限りは開示されないものです。過去の履歴を自分で知ることもできます。

カードローンの借り入れでの年齢制限

by

カードローンを借りるにはいくつもの条件をクリアしなければなりません。その一つが年齢制限です。お金の借入では本人の年齢も重要な審査事項となってきます。また、学生などは言うまでもありませんが、老後生活に移っている人も年齢制限に引っ掛かりますので高齢者の方も借りれない場合が多いのです。


<年齢制限の下限は20歳>

ほとんどのカードローンでは満20歳以上にならなければ発行してもらう事が出来ないようになっています。申し込み者本人の信用が重要となる融資サービスですので特に学生が借りるとなるとこの条件はクリアしていなければなりません。カードローンの発行会社によっては20歳以上であっても学生であれば親の同意書が必要な場合もあります。それほど、責任能力が問われるのです。


<年齢制限の上限は大体が65歳以下>

カードローン発行の年齢制限では上限も設けられています。退職して老後生活に移っている高齢者の方は、収入もそれほど見込めませんし、人によっては責任能力も落ちてくる段階です。しかし、特に上限に関しては結構、バラつきがあるようで中には69歳でも申し込めるカードローンもあるようです。上限に関して言えば金融会社によって異なってくると言えそうです。

カードローンの目的別ローンで利息を安く

by

カードローンサービスを利用する人が増えているそうです。審査のスピードが速く、無担保、保証人を必要とせずにお金を借りることができるので、少しだけお金を借りたいというときには非常に便利だと言われています。この商品の中に目的別ローンなどと呼ばれる商品があります。


カードローンのローンは種類もたくさん

カードローンには、あらゆる金融商品があります。もっともポピュラーなのが、フリーローンと呼ばれるものです。借りたお金は禁止されている目的以外であれば、何に利用してもいいとされているので利用しやすいと言われています。このお金を利用する目的を絞ったローンが目的別ローンや専用ローンなどと呼ばれているものです。


利息が安く設定されていることが多い

このカードローンのメリットは、フリーローンと比較すると利息が、少し安く設定されていることです。マイカーローンなど、扱う目的は会社でさまざまですから、どの会社でも借りることができるとは言えませんが、もしも扱っている中に自分の目的があれば、フリーローンよりもお得に利用できると言えるでしょう。目的は決まっても、マイカーであれば、車の購入資金の他、車検などにも利用できますから、範囲は広いと考えられているそうです。

カードローンの比較

by

カードローンには色々な種類がありますが、皆さんは困ったり悩んだりしていないでしょうか?
今では多くのカードローンがあるので、一体どこのが一番良いのか悩んだりしますよね。
そこで今回少し自分なりに調べてみましたが、最近では多くのサイトで比較できるような表が出ていたりしてとても分かりやすくなっています。
それなので初心者の方にも良いのではないかと思います。


最近の実質年率はどこも平均的

最近では審査時間が最短で済むものが多くなっており、比較的に振り込んでもらえる時間も最短になっているようなのでとても助かりますね。
使用されたことのない方にとっては全く未知の世界かもしれませんが、今のカードローンは身近なものになってきています。
実質年率の方もどこも平均的でご利用しやすくなっているみたいです。
そのサイトによっては無料診断が出来たりするので、悩んでいる方やご利用を考えている方にはいいかもしれません。
心配な面もあると思いますので、検索してよく調べてみるのがいいと思います。


ランキングを参考にしておまとめローンを選んでみよう

複数の会社でカードローンやキャッシングを利用している方におすすめなのが、おまとめローンです。お勧めランキングではアコムが一位になっていて、その次に楽天、プロミスと続いているそうです。
自分なりに選ぶのも選択肢の一つですが、人気ランキングやお勧めランキングを参考にするのもいいですね。(外部参照サイト⇒おまとめローンの人気業者)
だからと言って無理の無いよう、計画的にご利用してください。

カードローンの担保とは何か

by

カードローンの借り入れを希望すると時に、よく「担保」という言葉を耳にします。担保が必要か、必要でないかはその金融機関次第です。では、一体「担保」とはどのようなものなのでしょうか。ここで担保について簡単に解説をしましょう。

カードローンの担保の種類

カードローンの担保には、「人」と「モノ」に分かれます。人を担保にする場合、決して人身売買ではありません。保証人という事です。もしも借り入れをした本人が返済を出来なくなってしまった場合、そのような時に保証人となった人が代わりに返済を行わなくてはならないという取り決めです。少し話はそれますが、借金の保証人には決してならないことをお勧めします。どんなに信用のできる人であっても、自分が借金を背負わなくてはならない可能性があるのであればそれは絶対に回避しなくてはなりません。話を戻して、担保の二種類目です。「モノ」とは、たとえば、一般的なもので言うと「住居」です。万が一返済が不可能になった場合、その物件を売り払ってもらう事で、責任をとってもらうという事です。

担保不要の会社を使う

このように、担保が人であってもモノであっても、用意するのは大変なことです。ですので、今では担保不要の会社が増えてきていますので、是非そのような会社を利用することをお勧めします。

カードローンの賢い使い方

by

カードローンを賢く利用するためには、金利のことについて詳しくなる必要があります。いま一つ理解が進んでいない人でも、金利の仕組みをスッキリ解説します。


カードローンの金利の計算方法

カードローン会社が利益を生んでいるのは、利用者に貸し付けたお金に利息を乗せて返済してもらっているからです。この利息は、契約時に決められる○○%といった割合に応じて、融資をしたその日から発生する手数料のようなものです。しかし、いきなり何万円もの利息が、融資を受けた時に発生するわけではありません。実は、金利として表示された割合分の利息が発生するのは、融資を受けてから1年後のことなのです。つまり、利息は金利として計算された金額を365日で割った金額が1日ごとに加算されていくという計算になります。


上手な利用は短期利用

例えば、10%の金利で10万円の融資を受け1年後に返済をしたとすると、1万円の利息を支払わなければなりません。では、融資を受けてから1日後に返済したとすると利息はいくらになるのでしょうか?計算してみると、10万円×10%÷365日=27.4円なので、なんとわずか27円しか利息が発生しません。このことから、「1週間後の給料日に返済をする」という風に短期利用をすれば、ほとんど負担にならない利息で融資を受けることが出来るということになります。

カードローン審査対策

by

カードローン審査前にチェック項目を確認しておくことで、最善の対策を行う事ができるのではないでしょうか。カードローン審査は、信用情報と属性という2つの視点から評価されていきます。


属性とは

信用情報という言葉はよく聞いても「属性」はあまり聞かないのではないでしょうか。審査では年収が安定して継続的なものであるかを、あの手この手で調べられて返済能力を図られるものです。属性での評価では、本人だけの情報ではなく過去の利用者のデータも利用されます。これはどういう事かといいますと職業や年収、家族構成、住居情報など細かな項目が同一である同じような属性集団の評価が当てはめられるものです。同じ属性集団のこれまでの利用履歴に対する評価が含まれる訳です。


カードローン審査で評価される条件

この属性で評価される条件は「自由に使えるお金が多い」です。「独身である」、「持ち家の実家に住んでいる」などこれらは、出費が少ないという事になり自由に自分で使えるお金が多い事となります。また、従業員数の多い会社に長年勤めているという方は収入の安定性と継続性があるので評価されます。このような属性はすぐに対策できるものではありません。簡単にできる対策としては固定電話を持つことです。固定電話は簡単に移動できない事から信頼度の高いツールなのです。

カードローンの審査が緩く早い訳

by

カードローンの良い所、それは審査が緩く早い点ではないでしょうか。そんなに早い審査で特に厳しいことも無いなんてこちらが心配してしまうくらいです。なぜそこまで審査が早く緩いのでしょうか。カード会社が審査をする理由から考えて行ってみましょう。

カードローンが審査をする理由

審査が早く緩いとはいえ、審査をしない事にはカードローンは利用できません。なぜ審査をするかというと、あなたの信用度を計っているのです。安定した収入はあるか、返済能力があるかどうか。審査が早いとはいえしっかりと見ています。そこで返済能力が低い人にはもちろん融資はしません。返してもらえなかったら大変ですから。

審査が早い理由とはここにあった

結論から言うと、審査が早いことで、高い金利の回収を狙っているのです。審査が厳しければ厳しい程信用度は高くなります。そうすると金利を低くしても金融会社は安心です。ですが、そうでなければリスクヘッジの為に金利を高くするしかないのです。審査が早い理由はそこに合ったのです。金利を高くつけることで、甘い審査を実現させているのです。
ですので、審査が甘いことだけにとらわれず、金利についてもしっかり調べるようにしましょう。

カードローンの最低金利

by

カードローンの最低金利だけを見て、契約先を選ぶのは大変勿体ない事です。特にカードローンを始めて利用するというような方にそのような方が多い気がします。


初めてのカードローン

初めてカードローンを利用する方は、これまでの信用情報に利用の記録がないため(奨学金を利用している方はすでに履歴あり)、条件の厳しい商品を選ばない限り審査で苦渋を飲まされる事は少ないでしょう。ですから、カードローン選びでは安易になりがちなようですが、できるだけ好条件の商品を利用する事で返済期間におけるストレスは大分変ってきます。


上限金利を確認する

カードローンを選ぶときに最低金利だけを見ていませんか。それは大きな間違いです。金利を比較したい場合は、実際に自分の条件で実行される金利で比べるべきなのです。これは約定金利といい、契約をする前には必ず確認しておかないといけません。金融会社によっては、平均的な適用金利を公開しているところもあります。最低金利で借入を行う事ができる方は、高額の融資利用目的である事、そして信用情報、属性に置いて高い評価を得ている方でしょう。そのような方は、返済能力も高く、利用額が大きいので会社側からすると優良な顧客なのです。しかし、少額利用の大抵の利用者に適用される金利は上限の金利に近くなる事が常です。商品選びの際には上限の金利、金利幅にも気をつけてみましょう。

カードローン選び方と申し込み方法

by

利用する予定が無くてもカードローンの申し込みをして、いざという時に備えておくことはとてもよいことです。ですが、カードローンの選び方、そして申し込み方法が分からないという人が多いようです。ですので、ここで簡単に選び方、そして申し込み方をご紹介しましょう。

カードローンの選び方

必ず比較してほしいことは金利です。金利は金融機関によって設定が様々です。少しでも金利が低い所を探して、無駄な支払いが無いように努めましょう。また、自分の生活範囲の中にATMが少しでも多い所にすると便利です。返済が自動引き落としならば関係はないですが、ATMで振り込む返済方法だった場合、近くにATMが無いと不便です。もっと言うならば、全国にATMや提携コンビニエンスストアなどがあるところが特に便利です。すっかり返済のことを忘れて旅行などに行ってしまっていても安心です。

申し込み方法

申込み方法も様々ですが、ここではインターネットでの申し込みをオススメ致しましょう。家から出ることなく、人と会うことなく申込みが出来るのです。やはりお金を借りるという事はあまり人には知られたくないものです。もし、すぐにでもカード欲しいようであれば、店舗の行くことが一番早いでしょう。電話でも申し込みが出来ますので、自分に合ったお申し込み方法で申し込んでみてください。